ダイレクト型自動車保険で保険料を安くするコツ

ダイレクト型自動車保険契約の流れ

一昔前までは自動車保険と言えば代理店が全てを行ってくれていましたので、ほとんどお任せで大丈夫でした。

 

今でも多くの方が代理店型を利用していますが、流行になってきたのがダイレクト保険と呼ばれる通販型の自動車保険です。

 

代理店を通さずにほとんどWEBで完結してしまうことからそういう名がつきましたが、ダイレクトに行うために保険料が安いということで注目されています。

 

ただ、代理店がお手伝いをしてくれませんので、自分で保険会社からその内容までを考えなくてはなりませんので、ある程度の知識が必要です。ここでは簡単にその流をご紹介します。

 

まずは保険会社の選定ですが、インターネットの一括見積というサービスがあります。一括見積を使うと、同時に複数の保険会社の見積もりを取ることが出来、いわば保険会社の競争入札の場みたいなサービスです。

 

保険証、免許証、車検証を手元に準備の上、サイトにアクセスし情報入力をします。多くがヘルプ画面が充実していますので、ここではあまり悩まないでしょう。

 

入力が完了してから、各保険会社からメール、あるいは郵送で見積が届きます。この見積で保険の内容や料金をよく比較しましょう。

 

比較した上でこれだと決めた保険会社があったらいよいよ契約です。実はここまで来ると殆ど決まったようなもので、あとは保険会社にアクセスして契約の条件などを確認した上で情報を入力します。

 

ただし、保険会社によってはWEB上では制限があって出来ない契約などもありますので、良く確認しておきましょう。一括見積でご自分のライフスタイルや車両などにマッチするかを良く比較検討することが大事になってきます。

更新履歴