自動車保険に入らなかったら?

自動車保険に入らなかったら?

自動車に乗っているほとんどの方が任意の自動車保険に入られていると思います。ただ、実態として日本の約15%の方が任意保険に入っていないという統計が出ているんです。

 

万が一事故を起こした時に相手の方が保険に入っていなかったりすると、いろいろと面倒なことになりますね。

 

「別に保険に入らなくても違法ではない!」という考えの方もいらっしゃいますので、何とも言えません。ただし、入った方が良いかどうか?と聞かれたら、それは絶対に入っておいたほうがいいでしょう。

 

万が一の事故を起こしてしまった場合、その事故に相手がいた時は当然相手との話し合いなどが警察を挟んで行われます。

 

その後、保険会社を通してのやりとりが行われますが、基本的には保険会社に一任することが出来ます。自分や相手の修理代のことや治療費など、相手との交渉を代理でおこなってくれます。

 

しかし、任意保険に入っていなければこのあたりを全て自分で行わなくてはならないので、専門的知識がないと到底手におえません。

 

単独事故であれば、修理代を払えば済む話ですが、相手がいる場合はそうはいかないのです。相手からきた治療費を鵜呑みにしなくてはならなくなったりと、とても不利な状況に追い込まれるんです。

 

任意保険は自分のためにも相手のためにも大変重要になってきます。

 

事故は起こさないことが一番ですが、いつどんな災難が待っているか分かりません。自動車を運転する全ての人のめにも、任意保険は入っておくべきでしょう。

 

通販型自動車保険などは、これまで主流だった代理店を通しての保険よりも保険料は大分安くなっています。保険料を抑えたい方にはお奨めです。