等級とは

ある一定の条件を満たした自動車保険には等級というものがあります。
等級とはいったいなんでしょうか。
等級とは無事故を続けている優良ドライバーの保険料を安くするためのランクのことで、無事が続いていれば高い等級になります。
逆に事故の多いドライバーは等級が下がり、保険料が高くなるということになります。
その等級は1から20の20段階で付けられていて、新規契約は6等級から始まります。
1年間毎に保険を使う事故があったかなかったかで翌年の等級が変動します。
事故がなければ翌年1等級あがり、保険料が安くなるということです。
もしも事故を起こしてしまい、保険を適用すると翌年の等級は3等級下がります。
無事故を続けてきても、3等級も落ちてしまってはむなしいですね。
保険料の割引率は最高の20等級であればおよそ60%の割引になります。
基準である6等級は17%の割引、逆に1等級まで落ち込んでしまうと、50%以上アップしてしまいます。
事故ばかり起こしてしまうと、保険料の半分以上が上乗せになる計算になるので、かなりの痛手ですね。
等級に関しては改定が行われることもありますが、目安としては大きな変動はありません。
但し、保険会社によって差がある場合がありますので、良くご確認ください。
通販型自動車保険をお考えの方は、この辺りの情報も自分で確認する必要があります。
一括見積などをご利用の場合は各社を良く確認してその割引率を確認しておきましょう。