車両保険の免責金額について

車両保険の免責金額について

車両保険には免責金額というものが関わってきます。

 

免責金額というのは、交通事故を起こしてしまった際にかかった修理代を負担することです。保険を契約する際に、この免責金額を設定します。

 

例えば免責金額を20万円に設定したとすると、修理代に30万円かかった場合は保険会社は10万円しか払いませんという内容です。

 

ということは、免責金額を0円にしておいた方がいいんじゃないの?と思いますよね。

 

ただ、免責金額が高いほど当然保険料も安くなりますので、一概に0円に設定するのは正直コストパフォーマンス的に効率が悪いのです。

 

また、事故を起こした際にお互いに過失がある場合は相手の対物保険金が自分の設定した免責部分にあたる場合が多いため、免責金額の支払いはなくなることが一般的なんです。

 

通販型自動車保険などで見積もる場合も、この免責金額に関してはよくチェックした方が良いでしょう。

 

免責金額をどの程度に設定するかで保険金額も大分変ります。

 

免責がまったく0のタイプや、初回の事故は免責0でそれ以降は10万円といった設定があります。ですが、普通は5-10タイプと呼ばれるタイプを選択することが多いです。

 

事故を起こしたのが初回ならば5万円の免責、それ以降は10万円の免責金額という設定が出来ますので、多くの方がこれを利用しています。

 

一括見積などをご利用になる方も非常に多いと思いますので、免責金額に関しての項目はスタンダードなこのタイプを選んで見積をとることをお奨めします。