自動車保険を安くする方法

自動車保険は非常に複雑でなかなか自分で組み立てるのは大変です。
一昔前までの主流は代理店を通して契約することが多かったのですが、通販型自動車保険が登場してからその様相が変わってきています。
通販型自動車保険の良いところは、まずは価格の安さです。
別名ダイレクト保険と呼ばれ、代理店を通すことがないのでその分の費用はカットされます。
ですが、自分で保険を組み立てなくてはなりませんので、ある程度の知識がないと出来ません。
ここでは、その保険料を更に安くするためにはどうしたら良いかを考えます。
まず考えられるのは運転者を限定するということです。
例えば自分だけしか運転しないのであれば、契約者本人に限定した特約をつけます。
または家族しか運転しないという特約もあります。
特約を効果的に使うことで保険料は下がります。
次に免責金額です。
免責金額は事故を起こした時の自己負担額のことですが、これをある程度高く設定すれば保険料自体は下がります。
相手がある事故なのであれば、相手の対物保険金で支払われるケースがほとんどなので、免責金額は10万円くらいを目安に考えておけば良いでしょう。
更に年間の走行距離が短いのであれば、そうこう距離に対する割引が適用される保険会社が断然お得です!
通販型の場合の一括見積では、必須のチェック項目です。
また年齢条件でも安くなります。
30以上、35歳以上などの限定がすることが出来ますので、この年齢区分もチェックする必要があります。
それぞれ微妙に違う設定をしているので、保険会社を選定する条件にもなりますね。